「がんばれ!阪神タイガース」運営者情報
プロフィール
年齢性別 50代 男
出身 神戸生まれの東京育ち、現在千葉
ファン暦 一番古い記憶はバッキーのビーンボールから始まった乱闘試合。それ以前から阪神ファンでしたが、明確な記憶はありません。

昭和40年代は毎年のように阪神は巨人と優勝争いし、結果はいつも負け。特に昭和48年はあと1つを勝てませんでした。この頃は分別がつかない年齢でもあり、聞いていたラジオを何台も壊しました。

初めてファンレターを送ったのは掛布さん。サインを書いて返信してくれました。結局後にも先にもファンレターを送ったのはこれだけです。

その後1985年に歓喜の日本一。もう社会人になってましたが、運良くリーグ優勝の日は休みだったので、神宮で直接見ることができました。

観戦したことがある球場は甲子園、神宮、東京ドーム、横浜、千葉マリン、昔の川崎、昔の後楽園、昔の大阪(ナンバ=オープン戦ですが)ぐらいですかね。最近はもっぱらケーブルテレビ観戦です。

応援していた選手は、村山、江夏、藤田平、掛布、山本和。それ以降は誰か個人を応援するというより、阪神タイガースに所属している選手を応援しているという感じです。

どれぐらい阪神ファンかというと、例えば国際試合で外国チームに阪神の選手がいて日本チームにはいない場合、間違いなく阪神の選手がいる外国チームを応援します。つまり、阪神ファンであるということがナショナリズム以上の価値観になっているということです。